もっと知りたい方、カウンセリング、
セミナーに興味のある方は、こちら

再生ボタンを押すと音声をお聴きいただけます。

皆さんこんにちは!かなう美保です。

私の娘が3歳のころ

「腕が痛くて伸ばせない~😿」と

言い出したことがありました。

でもそれは、単なる思い込みで、

本当は伸ばせたんです。

でも、伸ばそうとすると

「痛い!」と顔を歪め、

伸ばすことを 頑なに拒みました。

遊んでる時は、伸びてるのに

「腕伸びてるよ!」というと

慌てて 「やっぱり痛い!」

と 曲げた腕に 涙目で訴える始末。

誰でも

しばらくぶりに腕を伸ばせば

違和感を覚えますよね。

一週間近く

腕を曲げたまま過ごす娘を見て

「本当に腕が伸びなくなっちゃうかな。」

と心配しました。

結果的には 取り越し苦労でしたが・・・

私たちの悩みにも

同じようなところが

あるかもしれません。

皆さんは、悩みが解決する人と

しない人の違いって なんだと思いますか?

大きい悩みか、小さい悩みか?

そうですよね~

私も以前は、大きい悩みだから

解決しないんだと考えていました。

でも、

たくさんの相談を受けるうちに

解決するかどうかは、悩みの大きさと

関係ないことが わかりました。

悩みが 解決しない理由は、

二つのパターンがあるようです。

一つ目は、悩みが自然消滅するのを待つタイプ

「時間が 解決する。」

「そのうちあの人も かわってくれるに違いない。」

「わたしさえ 我慢すれば…」

ひたすら 悩みの自然消滅を 待ちます。

「私は運が悪いから

こんな問題が起きるんだ~」と、

占いをチェッックして 運をよくしようとする人も います。

自分に対する無力感が 

心の底に あるように思えます。

もう一つのタイプは、

「あの人が 変わるべき!」

「あの人が 悪いんだ!」と

誰かが なんとかすればいいと考えるタイプです。

自分ができることが たとえあっても

「問題はあの人でしょ!

なんで 私がやらないといけないの!」

「私は、ちゃんとやってるし。」と考えます。

どちらのタイプも、

本当は、自分にも 変える力があるのに、

その自分のもっているパワーを

手放してしまっているところが 残念なところです。

私たちは、

人を 変えることはできませんが

自分を変えることはできます。

そして 悩みに どう対応するかを、

選ぶパワーを 誰でも もっているんです。

そして あなたが変わると、

結果的に 周りの人も

状況も 変わっていきます。

私たちは、

『悩みは なくなってほしい』と思いながらも、

心の深いところで、

『このまま 悩んでるほうがいい。』

という 本音があったりします。

悩んで苦しいのは嫌だけど、

悩みが解決するのも困る。

そう感じる理由は、

今までと違う 新しい人生を

はじめることへの不安だったり

「こういう自分にされた。」という

悲しみや怒りだったりします。

怒っていたり、不安を感じている

自分の本音に 出会っていく。

これが悩みが 解決する人になる秘訣です。

悩みは神様からの贈り物!

大丈夫です!あなたにもできます!

詳しいことを知りたい方、
カウンセリングやセミナーに興味のある方は
グレイスカウンセリングのホームページへ!

140万アクセスの3分メッセージ350本はこちら

こちらからも音声をお聴きいただけます。